読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

俺だけにわかるしるしがついた一万円

ミステリー

なけなしの一万円。

お袋の薬代にしようか、食費にあてようか考えた挙句、

あまりに腹が減ったので、食費にあてた。

お袋は一週間後、体調を崩して急に死んだ。

その一万円のことは一生忘れないようにと、

端っこに赤のペンでしるしをつけておいた。

俺にしかわからない変なかたちで。

たぶん、こうなることがわかっていて、俺はそうしたんだろうと思う。

 

それからというもの、俺は一心不乱に金を稼いだ。

世間でやってはいけないとされていることもかなりやった。

人より金を稼ぐと言うことはそういうことだ。

まっとうに生きるとか、そういうことはどうでもいい。

 

金はずいぶん入ってきた。

一枚一枚手に取ってチェックしたが、あの一万円はいつまでたっても見つからなかった。

そしてまた荒稼ぎする、ひたすらその繰り返し。

そんな人生だった。

チンピラに刺されて、命を落とすまでは。

 

チンピラは、意識が薄れゆく俺の目の前で、

「いくらでこの仕事受けたか知ってるか?これがてめえの命の値段だよ」

と、あの一万円を、ひらひらさせながら言った。

俺だけにわかるしるしがついているから間違いない。