Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

もう一歩前にお進みください。

 

暗いトンネルの中で迷っているとき、一筋の光が見えた。

そのとき、こんなメッセージが。

「もう一歩前にお進みください」

僕は、この世に生まれ落ちた。

 

床に這いつくばっているときに、倒れたママの姿が見えた。

そのとき、こんなメッセージが。

「もう一歩前にお進みください」

僕が初めてハイハイした手は、赤黒く染まった。

 

小学校の校門の前でうつむいて立ち尽くしているとき、待ち構えている奴らが見えた。

そのとき、こんなメッセージが。

「もう一歩前にお進みください」

校庭を踏みしめるたびに、奴らの笑い声が大きくなった。

 

中学の教室に安全な居場所がなく僕は、身を潜めていたトイレで、小便器の上にそれを見つけた。

「もう一歩前にお進みください」

僕はその通りにして、目の前に迫ったタイルに頭を何度も叩きつけた。

 

初めてできた高校の彼女との放課後、今日からは一人で帰るからと彼女は言った。

彼女はこんなメッセージを手にしていた。

「もう一歩前にお進みください」

道路に座り込んだまま僕は、蒼い空から降りてくる粉雪の底にいた。

 

どうでもいい大学生活のあとの就活で、面接中、僕は完全な真っ白になった。

面接官たちは、何も言わず、こんなメッセージを手にしていた。

「もう一歩前にお進みください」

そのための就活で何も言えず僕は、歩道橋の上からいつまでも、ヌルヌルと蠢く人の波を見つめていた。

 

どこまで行けば人の姿が見えなくなるのか確かめようとして僕は高層ビルの屋上から模型のようなこの街を見下ろしていた。

「もう一歩前にお進みください」

そうか、ずっとこのときを待っていたんだね。

 

僕の最後の一歩が宙に漂った。