読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

猿も木から降りる

進化論


地球上の生物の歴史の痕跡がどこかにあるはずだ。

彼はそう考えた。

しかしあまりにもわからないことが多すぎる。

そうだ。私のDNAの記憶の中に、全ての歴史は受け継がれているのだ。

しかし、くだらない常識や、知性の限界が、記憶の復元を妨げているのだ。

では、発達した脳の部分を、取り除いていけばいい。

その効果はてきめんだった。

DNAに刻み込まれた記憶が溢れ出すように甦る。

白亜紀の地球の情景が目前に圧倒的なリアリティーをもって広がるのだ。

当然だ。実際に恐竜であった時に網膜に映った記憶なのだから。

彼は生物が誕生したあとのすべての記憶を丁寧に甦らせた。

そして、いつの間にか生命の誕生にまで遡っていた。

しかしその時、彼の脳はもちろんのこと、元の姿かたちは一切の痕跡を失い、一塊の細胞となっていた。

彼は見たものすべてを記す言語を手に入れるため、進化することにした。

それが人類になるための旅の始まりだった。

彼はジャングルの枝から手を離して地上に降り立ち、二本の足でサバンナを歩き始める。