読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

おばさんは、物凄いスピードでガムを噛み続けている

 

物凄いスピードでガムを噛んでいるおばさんが僕に問いかけた

「人生という車窓の景色が嘘だったら」

 

僕は目線を上げて、スムーズに流れる車窓の景色を眺める

電車はトンネルを抜けて、少しずつ、地上が見えてくる

 

おばさんは、つま先の破れた、口の開いた靴を履いている

その開いた口に、派手な縞模様の靴下が覗く

 

「君の悪夢、買いますよ」

おばさん、僕に話しかけたよね

 「子供は寝ている間に何をしているんだと思う?」

 わからない

「そうさ、本人たちも知らないのだから、誰にもわかるはずはない」

 だから?

「君の悪夢のほうが本物なのさ。だから私が買い取ってあげる。そして君はこれからもずっと、薄く甘い嘘っぱちの現実の方を生きればいい」

 いつか、悪夢でも、僕は、僕の現実を買い戻したくなるのかな

「あはは。それはないね、絶対に」

 

おばさんは、物凄いスピードでガムを噛み続けている