読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

初犯者マインドマップ台帳

あー、万引きですね。初犯ですね。なら、そんなに目くじら立ててどうのこうの言うほどでもないんですけどね、とりあえずスキャンしときます。あなたの脳ね。これね、結構詳しくデータとれるんよ。これからね、一週間ほどかけていろんなシミュレーションします。そのときのあなたの脳の反応を記録して、あなただけのマインドマップっちゅうもんを作ります。別に何も難しくはないんで心配はいらんです。自分らしくおればいいだけですから。それで出来上がったマインドマップが本庁のデータベースに記録されます。プライバシーの保護は万全ですから心配なさらんよーにね。絶対外部に漏れたりはしませんから。そのマインドマップは、まー感心するくらい正確にできとって、他の似たようなのと照らし合わせるとあらま不思議、同じようなマインドマップを持った人間は同じような犯罪をやっぱりやるそうですよ。ですから、あんたの場合はどんな犯罪犯しそうかの、というのが一発で分かるらしい。詐欺やりそう、とか、そのうち中学生にいたずらしよるとか、いやいつかは連続通り魔じゃ、とかそういうことじゃわな。このマインドマップ台帳、いやほんまにそう呼ばれとるんですが、これがあれば大体、っちゅうかほぼ100パーどれかに当てはまる。どんな天才でも新しい犯罪の種類っちゅうもんはなかなか発明できんもんでの。だれかやっとる。だれか過去にね間違いなく。だからね、そういう理屈で、犯罪の種類も分類もできる。犯罪の種類が分類できるっちゅうことは、それをやりそうな人間も分類できるっちゅうことよ。計画的なもんはもちろん、発作的なものも、結局はあんたの、いやあんただけやないね、わしら人間の脳が引き起こしよるもんやさかいにね。心配せんでもいいよ。なんも怖くはない。あんたという人間がなぜこんなことをしてしまうんか、ちゃんと説明してもらえるわけやし、恐ろしい犯罪を起こす前にちゃんと予防策をとってもらえるということですから。どんな予防策?隔離されることもあるし、薬使ったりとか、遠隔操作とか、それはケースバイケースやな。それはいま心配せなあかんことではない。