Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

『ゆとりですかなにか』のように好きな人の名前を予測変換してみると大好きって出るわけない。

クドカンと打ったら予測変換に口説かんって出るのはそりゃ出るでしょう。
 
くどい
くどくど
口説き落とせたら
 
というのが前回の「ゆとりですがなにか」でしたね。
 
松坂桃李→吉岡里帆
 
それぞれどうすんのよどうもしないのかよだってどうにもならないのになにやってんだよ。
 
という感じで、
 
そもそも男三人の微妙な三角関係を描いているので、男と女が入り乱れての三角関係は別に普通でどうってこともないんです。
 
好きな人の名前を打てば大好きと予測変換が出る、という話だったけど、もちろん試した人もいるでしょうけど、そんなものは出るわけないので、この際何でもいいやとドラマに出てた「吉岡里帆」で試してみたところ、
 
リポビタンDはまだしも、リボフラビンってなに?
 
リボフラビンは、リボフラビンリン酸エステルナトリウム?
 
リン酸リボフラビン(FMN)は吸収された後,一部はそのまま の形で,大部分はFAD(flavin adenine dinucleotide)に変換さ れ,フラビン酵素補酵素として細胞内の酸化還元系やミトコン ドリアにおける電子伝達系に働き,糖質,脂質,たん白質などの 生体内代謝に広く関与する。
 
 
要するにこれ、ビタミンB2のことらしいけど、私たち人間って普通に体内にミトコンドリアがいるの?
 
皮膚の健康維持にも役立つビタミンB2、戦国時代の女性たちもきっと欠けていたのでしょう、『真田丸』で、堺雅人大泉洋の姉上の木村佳乃、実は二人よりも年下ってほんとに?
 
それはさておき、というか本当に信じられないのでさてはおけないが、いまも思い続けている、名前のわからない旦那さんのくれた匂い袋の匂いでは思い出さなかったのはジェイムス・ジョイスの『フィネガンス・ウェイク』への異議申し立てなのかどうかは微妙だし、子供のころおんぶしたときに背中で小便をしたと二回言う草刈正雄も不発。
 
おんぶは、有村架純の専売特許であって、
 

『ビリギャル』ではお父さんの田中哲司に、

『いつかこの恋を思い出して泣いてしまう』では高良健吾に、

アイアムアヒーロー』では大泉洋にも長澤まさみにもおんぶされてましたし。

 

もっとも大泉洋にショッピングカートに乗せて押される姿は明らかに子連れ狼でしたし、子連れ狼の大五郎のヘアスタイルは『99.9』の榮倉奈々でしたけどね。

 

 挙句の果てに木村佳乃が自分が誰か思い出すののは、長澤まさみのかかとの「かさかさ」。奥さんがお悩みなんでしょうか。
 
どーでもいい話を覚えているものなんだ女というものは。という大事なことを三谷幸喜はいつかの夜に学んだろうけど。
 
 
次週は『恋路』。しかもジェネラルルージュの二人がこんなところでこんなふうにとは。竹内結子、悪女な感じが良いですね。
 
悪女で「結」と言えば、『ストロボエッジ』でこっぴどく振った男に再アタックするという黒島結菜ですが、『時をかける少女』を次のクールでやるそうで、眉毛しっかり、昭和な角川ヒロイン的なところが期待できそう。
 
時をかける少女』も未来を何度も予測変換しちゃうのですけれど、やっぱりなかなか前に進めない。だって人は変わりませんからね。同じ状況に置かれたらやっぱり同じようにしてしまう、意外とそんなものかもしれません。
 
「わしはどこでまちごうてしもうたのかの」
 
「まちごうてなどおられませぬ」
 
真田家は自分でルールを作らなかっただけだし、間違えてなかったんでしょう。ただ、間が悪かった。ほとんど「間」なんでしょうね、どこで間違えたかわからないくらいの微妙な差は。
 
そういえば、大泉洋。大泉羊ではありませぬ。
 
アイアムアヒーロー』の何度も何度もくどいくらいに妄想を繰り返すシーンを思い出しますが、あれも予測変換の繰り返しで、インプットが変わらなければアウトプットの予測も変わるはずがないわけで、なぜ隠れていたロッカーから出られたのかは、本人にさえもわからない愛の力だったわけですが、半分ZQNでも愛せてしまうことに苦悩しないところがいまふうで、点のない藤岡弘仮面ライダー一号の時代にはさんざん悩み苦しんだだろうけど。
 
しかしネガティブイメージの無限ループに落ちれば抜け出せないのは『ちはやふる』の広瀬すず野村周平も同じで、猪突猛進で前しか見えていないはずなのに勝つイメージができない相手がいるというところがしっかりスポ根ヒロインにはまってた広瀬すずと、「一番楽しかったころのイメージを思い出せ」と恋敵であり永遠のライバルにアドバイスされて素直に従う野村周平がそこにいた。ようするに、大事なのは、
 
イメージ。
 
予測、じゃなくて、イメージ。
 
さて、羽生名人。何か近々発表するらしいですが、
 
AIを倒せるのか。
 
予測じゃなくて、イメージで、機械を超えられるのか。
 
ほんと大変ですね、男は。機械にも勝てないし、女にも勝てないわけで。
 
予測じゃなくてイメージで。