読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

『真田丸』の堺雅人の最も尊敬するコメディアンはタモリでも大泉洋でもなく「かりあげクン」

映画やドラマ、読書、音楽、デザインとか

西村雅彦に髪があるのが違和感でどうにも気持ち悪いなと思っていたらやっぱり今回で出番終了となってしまいましたね。俺は人間として侍としておぬしに劣ったと思ったことは一度もないと言われても草刈正雄相手じゃルックスでまず負けてる。実際「あいつぁー顔が好かん」と言われていた。顔が好かれていればこうはならなかったかも知れないとすればやはり戦国の世に生まれるのも考えものである。小日向文世ならそれなりに争えたかもしれないが、彼は今回、羽柴秀吉。格が違い過ぎる。徳川家康にそそのかされ、草刈正雄を暗殺しようとして返り討ちに遭う。

 

いつもの激情はどこへやら、冷徹な家臣を演じる寺島進の刀さばきがかっこよすぎたりしつつ、殺す側の真田側の表情を映しながら、殺される側の西村雅彦の無念の顔は結局見えないまま這いつくばる背中だけ。戦国の世は無情である。

 

この場に居合わせたのが長澤まさみ。家臣の父が娘に危害が加わる前に、娘の目前で切り捨てるが、そんなことにショックを受けているやわな娘ではなく、黒木華との祝言で祝いの場にいた堺雅人を呼びに走り、何も知らなかった彼に、祝いの席の裏側は実は血みどろであることを教えるのだ。

 

というシーンの前に、堺雅人を暗殺の場に居合わせないよう絶対に祝いの席の外に出すなと主人の大泉洋から言いつけられていたのが長野里美。誰も知らない顔がほぼいないというほどのオールスターキャストの中では目立つ知らない顔。知らない顔のほうが目立つというのが豪華キャストドラマの常で、キムタクの『HERO』で出世した小日向文世吉田羊も同じパターン。いまのところあまりNHKでは見ない顔の吉田羊だが、そのうち常連すぎる常連になるのは間違いない。

 

同じように舞台出身の長野里美さんもブレイクするかどうかわからないが、彼女が堺雅人を引き留めるために無理やり披露したのが「雁金踊り」。もうちょっと見たいところだったが、たぶん撮影現場で爆笑になってしまい、激烈におもしろすぎて次のシリアスな殺害シーンにいけないと泣く泣くカットしたのではあるまいか。

 

それでなくともおもしろいのは、大泉洋とのふたりの会話。わざとじゃないはずなのにわざとらしすぎる咳き込みやが話題になっているが、あれが面白いのは、大泉洋が全く完全に普通にうけて芝居をしているからだと思う。コント的な芝居をコント的に返すのではなく、まるでコントのコの字もしらない真面目な役者が何事もなかったかのように続ける感じでやっているのだ。

 

大泉洋はいまさらだが稀有なコメディアンである。何かしゃべるよりも、何もしゃべらず、そこに現れるだけで笑いが起きてしまうという、そういう立ち位置に本人も知らないうちになってしまっている。超一流の落語家が舞台で何もしゃべらずニコニコしてるだけなのに爆笑になる。そういう種類のものだ。その彼がウケを狙わなかったらどうなるかを実験中で、やっぱり余計におかしいのだ。そこは三谷幸喜の作戦だろう。おかげで相手役の内藤里美も目立つのだから一石二鳥。

 

戸田恵梨香とのコンビがおもしろかった時代劇映画『駆込み女と駆出し男』での超高速セリフ回しからすればいまこの男より立て板に水な役者はいないんじゃないかと確信させる能力を備えていながらあえて封印するところに注目しておかないと、長澤まさみの現代口調に気をとられているようではもったいない。

 

堺雅人は内藤里美の扱いにはまだ迷いがあるのか、「雁金踊り」のシーンでも普通に徹しきれていないので、大泉洋があの場にいればなあと思わせた。そうなるともう収拾がつかなかっただろうが。

 

しかし堺雅人は笑いも好きで、蒼井優や、そういえば小日向文世とも共演した『Dr.倫太郎』でもっとも尊敬するコメディアンの言葉ばかり引用していた。高畑淳子蒼井優のイカレた母親役で『ナオミとカナコ』の中国人役をも遥かに凌駕する爆発的な怪演を見せていたのでそっちに気をとられていたが、そのコメディアンというのはタモリのことではないかと話題になっていたようだ。しかし、ブラタモリ鶴瓶に乾杯!の合体スペシャルで共演して歴史好きなところでウマがかなりあっていたがそんなに舞い上がった感じもなく、違うんじゃないか。

 

実際、去年の9月のn「CREA」の読書特集で、愛読書に挙げていたのが、真田の城、上田城についても書いているという安西水丸の『ちいさな城下町』。

 

「本書で、とくに感動したのは、信州の真田家についての水丸さんの鋭い洞察である。「コンプレックスと誇りのカオスから生れた欲望やしぶとさこそ、真田家の本来の血のようにおもえてならないのだ」(沼田市)。水丸さんと親しかった堺雅人は、これも念頭に大河ドラマ真田幸村を演じるはずだ。」

歴史学者磯田道史の書評より)

hon.bunshun.jp

 

そして、植田まさしの4コマ漫画『かりあげクン』である。彼こそが堺雅人の最も尊敬するコメディアンである。なぜなら、ちゃんとこう書いている。

 

子どもの頃、夏休みになると母のいなかに電車で12時間ゆられて言ったのですが、実はいつも車内で『かりあげクン』を読んでいたんです。そういう意味では、僕は『ドラえもん』よりこちらのほうが愛着があるかもしれない。表情を変えずに面白いことを言うかりあげクンは、僕の最も尊敬するコメディアン。いまなら移動中の車内で、大人買いした『かりあげクン』をゆっくり読んでみたいものです。(『CREA』 VOL.311)

 

真田丸』のロケで長野に向かう際、堺雅人の車中の友だったのだろうかこのかりあげクン、本名は木下藤吉。ちなみにとどのつまり豊臣秀吉は、木下藤吉郎羽柴秀吉豊臣秀吉→太閤秀吉。おそらく特に関係はない。

 

このかりあげクン、あまり出世はできないが、いたずら好きで、その切れ味は天才的とされる。例えば、こんな話。職場の同僚におもしろくて話題らしい「・・・殺人事件」の本を渡し、別の同僚が「おれそれ読んだよ、結末教えてあげようか?」と割って入るところを引き留めていい奴かと思わせながらあとで「いやいやもう少し読み進めたところで教えたほうがおもしろいだろ」と読書好きには悪魔のような奴。いまでいうネタバレを先どってるあたりが、意外と今でも面白いのかもしれない。

 

というかそういう悪戯ばかりをして周りの大名を困らせることに生きがいを感じているのが草刈正雄真田昌幸で、「いまだって愛と勇気の旗をかかげていいんだ」とかHPのポスターに書いてありますが、そんな青臭いことを言ってないで、お父さんやかりあげクンを見習って、偉そうにしてるやつらの嫌がらせに徹してくれたほうが楽しい。

 

しかしそのキャッチコピーは、『東京ラブストーリー』のチームが24年前に鈴木保奈美唐沢寿明主演で作ったフジテレビのドラマ『愛という名のもとに』を思い出すな。「いまだって」というのは、あの頃のことなのかもしれない。主題歌は浜田省吾。『愛という名のもとに』という曲もあるが、主題歌はこっちだった。ほら、大合唱が起きてる。こんなふうにこの歌に胸を掻きむしられるような世代が大河ドラマを作っているということだろう。

 

www.youtube.com

 

だからきっと、このあとすぐに始まる『いつかきっとこの恋を思い出して泣いてしまう』も、あの頃に青春を送った世代なら涙なくして見られないはずなんだけどな。