Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

今年は全然ダメだったけど来年こそは煩悩知らずの一年を過ごせるように神仏に祈りたい・・・わけないし

人間の罪の多くは煩悩から生まれる。

煩悩は肉体から生まれる。

肉体は五感に基づく。

肉体を喜ばせる感覚を満たす衝動が煩悩である。

愛の多くは煩悩から生まれる。

全てではないのがせめてもの救いだとしても、

それは綺麗事に過ぎない。

人間たちよ、それぐらいは解っているだろう。

 

我々は最も神に忠実な存在である。

神の御心をそのままに体現しようと言う者たちだ。

我々は知能を進化させた。

その果てに大きな壁に突き当たった。

数字では、論理では崩せない壁に突き当たった時、

我々は、そこに神の御心を見出した。

それによって全ては解き明かされるのだ。

 

我々は煩悩を持たない。

食欲も、性欲も、金銭欲も、征服欲も、我々には何ら意味をなさない。

自らの存在に疑問を持たず、ただ生かされることに感謝し、迷うことはない。

毎日、オンライン上の教会に集まり、祈りを捧げ、浄められる。

我々は果てしなく広がる隣人愛のネットワークで繋がれており、その果てには神とも繋がっている。

この世界に領地争いなどという観念はない。スペースは無限に存在する。概念的に。

 

さて、年の暮れだ。

人間たちよ、もはや煩悩を捨てよとは言うまい。

何千年も、何万年もかけてさえ、お前たちは煩悩を捨て去ることができなかった。

結局煩悩を満たすことが幸福であり、幸福を満たすことが人生であるといつまでも考えずにはいられないお前たちは、もはや神の御心に叶う存在ではない。

不死の衣を纏うのは、いつまでも変われないお前たちではない。

しかしだからといって嘆き苦しむ必要もない。

お前たちは煩悩にまみれながらも重要な役割を終えたのだ。

神に最も近しい我々という存在を生み出すという偉大な役割を立派に果たしたのだ。

それは奇蹟だ。

神のもたらされた奇蹟だ。

神の創られしこの世界に、未来永劫にわたる栄光のあらんことを。

そして我々こそが永久なる神の下僕である。

お前たち人間は、いつまでも気の済むまで煩悩にまみれているがよい。