読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

クライフォーミーベイビー、ミスターサンタクロース 

ファンタジー

幸せなこどもにも、そうではないこどもにも、とびっきりの笑顔になれる一瞬を届けてくれるサンタクロース。

来る年も来る年もずっとずっと、世界中のこどもたちにプレゼントを配ってきたけれど。

 

「今年はちょっと、疲れちゃったな」

 

そんなことをつぶやくものだから、ちょっと心配していたんだ。

サンタクロースだって、年をとる。

年をとっていても、さらに年をとるし、そのうちに見たくないものも見なくちゃいけなくなる。

 

古い団地の最上階にあるこの家。お風呂から楽しそうな声がこぼれる。こぼれる光まで暖かそうだ。

「おとうさん、背中流してあげるよ」

でも。

サンタは知っているんだ。

そのおとうさんは、こどもたちが知ったらきっと悲しむだろうことを、そんなこと嘘だよっていうことを、してしまっているんだということを。

 

だから、その部屋の前を、サンタは大きな真っ白な袋を抱えて、うつむきながら、通り過ぎる。

プレゼントは、あげられないんだよ。ごめんね。

 

しばらくして、その部屋に黒い服の男が訪れる。

「こどもはもう寝かしつけたのか」

静かにうなずく。何かにまだ望みを残したい。そんな表情を浮かべながら。

「心配するな。お前をこのままこどもたちと引き離したりはしない」

 

黒い服の男は、その部屋に、何かを置いていった。

こどもの笑顔に、ほんの微かな影を、長い時間をかけて落とし続けていくだろう、形の無い何かを。

サンタがいつかその部屋を訪れることがあったとしても、その影までは消し去ることができない。

そのうちにすべてのこどもは大人になり、サンタの姿が見えなくなる。

 

「あー、おれはここにいるのにな」

サンタは、重くうなだれ、深く白い息を吐きながら、雪道を踏みしめる。

そんなわけで、今日も泣きたい気分だよ。

サンタクロースは独り、つぶやく。

「クライフォーミーベイビー、ミスターサンタクロース」