Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

通販生活で除言機を買いました

「わざわざ言うほどのことでもないけど好きに話していいわよ」

妻はそう言った。

これまで私は自由に話すことを許されていなかったのだ。

どうやら妻によると私の話した言葉の痕跡(残留物質)が家の中に埃のように漂い、

それが漂い続けている間はまともに呼吸が出来なくなってしまうのだと言う。

残留物質とは、ダニの糞のようなものか?

「除言機を買ってきたから」

助けるほうの『助言機』ではなく、除くほうの『除言機』だそうだ。

なにやら空気中の『言葉アレルゲン』を特殊フィルターで吸着してしまうらしく、

夜、寝る前にセットしておけば、翌朝不思議なほどに、

黴臭さも湿っぽさも異臭感もなく、すっきり爽やかな空気に包まれる。

二人ともそんなことは微塵も望んでいないし、むしろ気色悪いのだが、

結果、夫婦の会話が弾んでしまっている。

さて、どっちが先に「除言機、処分しようか」と言い出すか・・・

この場合、先に言ったほうが勝ちなのか、あるいは負けなのか。

そこがどうにも悩ましい。