Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

GPSの御加護のもとに

マイナス0.3歳のとき、胎内でマイクロGPSの埋め込み完了、センターに登録。

3歳のとき、近所の公園で遊んでいたところを連れ去られたが、親の通報により、GPSで発見、誘拐犯は取り押さえられたが悪戯後のことだった。

8歳のとき、親の再婚相手の虐待に耐えきれず家出したが、GPSで発見、すぐに連れ戻されたため、結果的にはプチ家出となった。

13歳のとき、いじめグループの溜まり場のマンションに隔離されたが、私のGPSをハッキングしていたストーカーが発見、しかし警察には通報せず。

18歳のとき、交際していた短大助教授の電車内痴漢行為告発のため警察から協力を要請され、彼のGPSを教えるが、逮捕時に彼に痴漢されていたのはわたし。

25歳のとき、政治家秘書の責務として汚職ネタを握る週刊誌記者の夜の行動範囲を美人の奥様にGPSでお知らせ、ついでに政治家もゆすりの標的に。

27歳のとき、東京湾沖に浮かんでいるところをGPSで発見。

存命なら28歳のとき、都内近郊の無縁墓地に埋葬、登録解除されないまま、今もGPSに見守られている。