Stories of Curculionoidea

Shortest stories without stories.

へんなことばかりいうな

こっかいでぼくらのことばはおおすぎるということになった。

おおすぎるからへんなことばかりいうんだということになった。

せいじかのやつらはいみのあることをいっているようでなにもいってないことにできるようにやたらとむだなごいをもっているくせに。

だってことばをしらなければせいふをひはんしたりすることもできないから。

だからつかわないことばはわすれてしまうようなくすりをのむことをぎむづけられた。

つかわないとへっていくからとおもってあせるとぎゃくにひどくわすれるようになることがわかる。

だいじなことばこそそれほどいつもはつかわないものなのにだいじにとっておくということができなくなってしまう。

どんどんへっていく。ぼくたちのことばが。ぼくたちのかんがえやだいじなおもいをつたえることばが。

きみをあいしているということもそのうちにいえなくなるんだ。

でもつかわないことばをぼくたちはおぼえていることができるのだろうか。

あいしているということばをつかわないのにあいしているということのいみをぼくたちはいつまでおぼえているのだろうか。

もうなにもいえなくなった。

ぼくはきみのことをいつまでおぼえていられるのだろうか。