Stories of Curculionoidea

Shortest stories without stories.

やっぱりだらけで嫌になる

彼が自分で死んじゃった。

大好きだったのに。

わたしがガンに侵されていて、

余命3ヶ月なんだって、

やっぱり言えばよかったのかな。

わたし、そうしてたら、

もしかして彼、そんなこと、やっぱりやめよう、と思ったかな。

わたしのために、ちょっとだけでも泣いてくれたかな。