Stories of Curculionoidea

Shortest stories without stories.

ずっっとかくれんぼ

五才のわたしがずっっとかくれんぼしたまま出てこない。

だから私は心のどこにも幼さを持っていない。

仕事で疲れてうちに帰ってきて、

電気をつける気力もない重たい夜に、

玄関のドアに身体を預けたまま

もう出てきてもいいんだよって

小さい声で言ってみる。

 

それだけ。