読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

命がけのキス


地球と火星は恋人同士だった。

地球が流行病に罹り、飢えと渇きにあえいだとき、

火星は地球に優しく口づけし、その豊かな水を地球に注ぎ込んだ。

火星は海を失い、そのわずかな痕跡を、

乾いた大地の上に、傷跡のように残した。

それは命がけのキスだったのだ。

一方、地球は潤いを取り戻し、海を貯え、生命を育んだ。

微かな生命はやがて長い時を経て進化を遂げた。

しかしその進化した生命の無軌道な開発により、

再び渇きに苦しみ、死期を悟った地球は、

火星から与えられた生命を、また火星に送り返そうとしている。

思いの限りの愛を込めて。

火星への有人宇宙飛行。

この成功するはずのないミッションが、無事に成し遂げられたのは、

二つの天体の命がけの愛の力であることを、

その進化した生命の小さな脳みそは知る由もない。