読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

パーフェクトフィット


ある日、地球に80億個ほどの穴が掘られていました。

人類一人一人に、オーダーメードしたようなぴったりさです。

誰もが寸分の違いもなく、パーフェクトフィットです。

みんな入ってみましたが、気持ちのいいくらいにフィットするのです。

フィットすることはこんなにも気持ちのいいことなのか。

それはフィットしてみないとわからない感覚です。

もう出られませんし、出られるはずがありません。

みんな究極に自分だけにふさわしい居場所を見つけたのですから。

それがつまり、結果的には棺桶だったとしても構うもんですか。

誰も出る気にならずそのまま朽ち果てて、

人類そのものが歴史に埋もれようとも、何が困るというのですか。

とにかく気持ちがいいのですから。

なんせパーフェクトフィットですから。