Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

あの感覚生理学の先生、変態よね


人間の愛を五感から見ていくと、まず鼻。異性のフェロモンを嗅ぎ取ります。嗅覚の愛です。

まだ目には見えません。距離も遠い。一方的な情報のやり取りです。

次に目。異性とじっと見つめ合います。視覚の愛です。ここで視覚的に確認をします。双方向性が高まります。

口から耳へ。愛の言葉を耳元に囁きます。聴覚の愛です。音波で鼓膜を振動させます。振動は官能です。しかし間接的です。

口と口。いわゆる口づけです。ようやく直接的な官能になりました。触覚の愛です。

さて、残るは味覚です。相手をかじったり、食べたりするのはやりすぎです。舌を絡めて、相手の舌を味わう程度にします。これが味覚の愛です。

ここまで嗅覚から味覚まで、意外とかなり一つずつ、順番に、順序立てて展開します。

しかしこの先はかなり入り乱れます。それはみなさんご存じですね。どういうパターンがありうるか、

しっかり自分の例を記録、分析のうえで、レポートにまとめてください。かならず実例に基づくように。 

はい、今日の講義はこれまで。