読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

夏ですがクマみたいに冬眠しますので、しばらく

【朝】

 

「あなた、今日、ゴミの日だから」

 

と妻が言った瞬間に、私のグラスにゴミ収集カレンダーが表示される。

 

【昼】

 

「おまえの今月の営業成績、ひどいな」

 

と部長が言った瞬間に、私のグラスに部内営業成績一覧リストが表示される。

 

【夜】

 

「最近ちょっと、持久力なさすぎじゃない?」

 

と15も年下の彼女が言った瞬間に、ランニングの走行距離と心拍数のグラフと、挿入から射精までのピストン回数と時間の関係の最近の推移を示すグラフが並んで示される。

 

私のグラスには、「正しいほうを選択してください」というメッセージが出ている。

 

どっちも正しいが、彼女が言いたかったのは明らかに後者だろう。

 

しかし、どっちが正しいかという問題ではないのだ、根本的に。

 

そういう時、私は、この世界とのすべてのリンクを断ち切りたくなる。

 

だから山を登って、穴を掘って、寝ることにする。

 

孤独だけど自由な、クマみたいに。