Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

会社の昼休みにやってはいけないこと


会社の昼休み。

屋上に行って、気分を変えよう。

さっきもバカにされた。

エクセルも使えないんですか?

どうして経理にいるんですか?

私も聞きたい。

私が聞きたい。

缶コーヒーが飲みたい。

ジョージア、コクのブラックだ。

140円だ。

小銭入れにちょうど入っている。

40円を先に入れる。

消費税が上がってからはかなりめんどくさい。

なんせ四つだ。

すとんすとんすとんすとん。

手ごたえのある音だ。

そして100円。

からん。

手ごたえのない音だ。

なんでだ。

100円のほうが軽いのか、と思ったら、

返却口に戻っている。

手にとってみると昭和33年製だ。

わたしと同い年だ。

奇遇だな、こんなところで。

旧友にあったような気分だ。

もういちど入れてみる。

からん

もういちど。

からん

何度やっても同じことなんだろう。

涙が出てきた。

何度やっても同じなんだ。

もう使えない、

存在価値のまるでない100円硬貨を握りしめ、

私はゆっくりとフェンスを越え、

我が身を虚空に投げ入れた。

 

からん。