Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

けがれなき美しき音よ、世界に響け

おっと、コーヒーカップを床に落としてしまった。

 

音がしない。

 

<<<<

 

いまごろか。

 

都市の過密化による騒音トラブルを避けるため、生まれてすぐに鼓膜を破る手術が義務付けられている。そのかわり、全ての音は網膜に映る映像入力に基づき、脳に仕込まれた特殊な装置によって、アテレコのように後づけされている。こういう音が鳴るはずだという音が脳内に鳴るのだ。そして、騒音のような、鳴ってほしくない音は鳴っていないものとすることができるのだ。

 

個人の好みでも様々なオプション設定が可能だ。かわいい恋人にいかにも不釣り合いなドスの効いた声を、天使の囁きのような声色に変えたりもできる。望むならば、だが。

 

しかし、さっきのように、バグが発生することもある。音のディレイのため、危険を察知できず、命を落とすような事故もあるにはあるが、生活面の安全は格段に向上しているので、そういう場合は余程運が悪かったのだと諦めればよい。

 

しかし、吹き替えられているのは、私たち自身も同じことなのだ。

 

私たちの会話は全て「システム」によって、音声合成で発せられている。もちろん、私の声帯の性質から予測される私の声だ。私は生まれてから、自分の喉で話したことは一度もない。

 

もちろん「システム」に、私が何を話したいかがわかろうはずはない。しかしそもそも「システム」は、私の話したいことなど気にしない。相手の現在の発言を解析し、過去のその相手との会話内容を参照しながら、適切な文章を形成するだけだ。もちろん、相手も同じような形で話している。「システム」のなかでの自己完結にすぎない。それでも私たちは、「システム」のおかげで、コミュニケーション不全による不要なトラブルを避けることができる。

 

このけがれなき世界は、このようにして、今日も美しい響きの中に保たれている。