読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

うんことおならと蠅で語る宇宙のしくみ


「光さえ出てこられないというブラックホール。先生、これは何ですか?」

 

「ブッラクホールとは、宇宙にとっては消化器官です。つまり、光を食べる『口』ですね。宇宙は光エネルギーを食べて大きくなっています。食べかすはホワイトホールから出てきます。ブッラクホールが口で、ホワイトホールが肛門です。ですから、いま流行りの、宇宙の大部分を構成しているという暗黒物質、それから暗黒エネルギーは、光を食べたあとの『うんことおなら』みたいなものです。ちなみに、暗黒物質の重力で普通の物質が吸い寄せられて銀河ができたそうです。つまり、うんこたる暗黒物質の強烈な臭いに引き寄せられてできたのが銀河というわけです」

 

「つまり、われわれの星というものは、うんこにたかる蠅みたいなことですかね?」

 

「火星とか木星とかは蠅でいいと思いますが、地球は蠅にしては綺麗すぎですね。蜂の仲間に、青とか瑠璃色とかメタリックに光る青蜂(セイボウ)というのがいます。驚くと体を丸めて球形になって死んだふりをするんです。これが地球によく似ています」

 

「なるほど、地球は死んだふりをしているのですね」