読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

Lost in Translation

Lost in Translation = 翻訳で失われるもの

普通は外国語を翻訳する場合について語られる言葉である。

 

考えていることは雲のようにぼんやりと浮かんでいるもので、

それを形にしようとして言葉に翻訳していくあいだに、

思ってもいないことを口にしたり、書いたりしているのに、

言葉になっているから自分はそう思っているんだと思い込んでしまっているが、

自分は本当にそう思っているんだろうかと、どこか後ろめたい思いを感じながら、

めんどくさいので気づかないふりをしている。

 

どんなに思いをこめて愛を伝えても、相手が受け止めるときに、また違う形に変わってしまう。

伝えるものである以上、愛も翻訳の対象である。

そして、その過程で必ず失われるものがある。

 

生きるという行為そのものがこの世界の価値を自分の中に翻訳しようという意志であるとしても、

何かが失われているというもどかしさを感じずにはいられない。

 

だから私は自分そのものを翻訳機にかけた。

ちゃんと翻訳できていない自分にはもううんざりだ。

 

翻訳カプセルの中に入って2年が経った。カプセルのふたが開いた。

 

カプセルの底には、5歳の私がいた。