読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

スポンサーがあってこそ

未来想像図

私は生涯、自由に生きてきたわ。信じるのは自分だけ。誰の助けも借りずにね。
お金の面で困ったことは一切ないわ。
だってスポンサー契約が途切れたことなんてないもの。生まれた直後のミルクからね。
最近はみんな購買履歴を売ってるし、メーカーはそれを元に消費者を囲い込んで、
広告塔に仕立て上げる。
全ての発言は数多くのスポンサーのためよ。オンラインでもオフラインでも、つまり全部監視されてるので。ポイントを稼ぐと収入が増えて、生活が安定する。
なんてったって消費行動が生業になりうるのよ。お金を使って感想を言うのが仕事なの。
でも悪口は禁止だし、違反したら、ブラックリストに載ってしまうのよ。
この前、友達が変なこと言ってるからヤバいんじゃないって思ってたら案の定いなくなっちゃた。失業したんでしょうね。でも保険会社のスポンサーつければいいんじゃない?失業保険ならここしかない!とかってつぶやき続けてればいつかその微かな叫びがどこかに届くかもしれないし、届かないかもしれない。
ただそれだけのこと。それが生きるってこと。
私はもう飽き飽きしたのでどうやっておしまいにしようか、何を使ったら一番広告収入がいいのか、どうしても考えちゃう。バカだよね。でも死んでからも収入があるって、なんかロマンチックじゃない。誰も私のことなんか覚えてないにしても、システム的には生きてる感じでしょ。っていうか、どっちでもいいのか、システムにとっては。