Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

暑い昼下がりに起きた奇蹟?

駅のホームで腰の曲がったおばあさんが歩いていた。

おばあさんは「はぁー」と大きく息を吐いたかと思うと、
腰をすくっと伸ばしたのだ。
何のために普段たたんでいるのか。。。
と考えているうちに、ばあさんは金属製の翼を広げて、
モビルスーツのように滑走しながら飛び立っていった、
というならSFなのだけれど勿論そんなはずはなく、
ただ背筋を伸ばしてスタスタと歩いていきました、
という、ただそれだけの、本当にあった話。
うだるように暑い昼下がりの、
すべてが丸ごと、どうでもよくなっているときのこと。