Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

マトリョーシカおかあさん

女の子はオトナになるときに蛹になるときのように卵の殻に身を包んで出てくる自分の娘の子宮から(するり)とそのまた娘はその娘のそのまた娘の子宮の中に、その娘はそのまた娘の娘の子宮の中に過去は未来の中に未来を産むものとしてインキュベートされており未来もまた過去の中に過去を産むものとしてインキュベートされておりつまりタイムラインをどこまで遡っても未来にしか辿り着かないようになっていて時間軸をどっちに向かっても向かわなくても過去も未来も現在も何もなくて全てが(ここ)に内包されているのがこの掌にある(マトリョーシカおかあさん)