Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

妻は恋することを知った


お父さん、わたし、好きなひとができたの。
妻はそう言った。
 
妻は、ナイフを持った通り魔に襲われ、抱いていた幼い息子を失った。
その後、私は母ではない、と思うようになったようだ。
息子の命とともに、ほとんどの記憶を失ってしまったのだろう。
 
私は恋する少女。
まだ何も知らない、
この世がどれほどの悪意に満ちているかなど想像だにしない、
純粋で、無垢で、真っ白な少女。
 
お父さん、わたし、恋を知ったのよ。
はじめてのことよ。