読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

時間SF

過去の僕も未来の僕もいまの僕を決められない

明日の僕が目の前に現れた。 「悪いがお前には死んでもらう」 訳が分からない。明日の僕なんだから、死にたいんだったら明日死ねばいいだろうに。 「それは困る。痛いのは嫌なんだ。お前が死ねば、僕は痛みもなく、ただ消滅する」 激しい戦いが始まった。僕…

世界が静止しているうちにキスしたら?

世界は本当は静止しているのだとしたら? 瞬間ごとにはほんの微かな動きの変化しかない。 細かく区切っていけばその差が分からないくらいしか。 アニメーションを作るときと同じように、ほんの少しのずれが連続していったときに、世界は初めて動き出している…

僕は次にどんなくだらないことをするんだろう

我こそは三代目の神である。 神であるからして、絶対的な意味において正しい行いしかしないし、絶対的に正しい言葉しか発しない。 ”絶対”は唯一である。だから我は、ビッグバン以降、初代の神、そして二代目の神と全く同じく、細部まで寸分違わず、宇宙を、…

人類に輝かしい未来があるのなら

この世界に、人類に、もしも輝かしい未来があるというのなら、未来の誰かが私のこの指を止めるはず。 核ミサイルのボタンを押そうとする、超大国の大統領の、この指を。

単調な毎日を最適化して人生バラ色にする方法

ご飯を食べている時間ー60分 電車に乗っている時間-60分 仕事をしている時間ー8時間 テレビを見る時間ー60分 スマホを見る時間ー60分 お風呂に入っている時間ー30分 寝る時間ー6時間 私は人生のすべてを捧げたいと思うほどの恋に落ちました(実…

人生のページをめくるとき

「あら・・・私の人生、どこまで読んだかしら」 どうもおかしい。さっきから昨日とまったく同じ展開。まさか昨日が繰り返されてる? 「うーん、ここももう読んだ気がする。ちゃんとしおりを挟んでおくんだった」 あれ、あなたは誰?私、あなたに会ったことあ…

人生、山あれば谷あり

人生、80年(だいたい)。私は今日、この瞬間が40歳(キティーちゃんは40周年)、まさに折り返し地点。 去年の国会で、私たちミドルクラスは40歳で人生を折り返すことに決まったのだ。 せいぜい課長ということだ。若手実業家でもないかぎりは。 ここ…

僕が覚えている未来

僕は未来が見える。むしろ覚えているという感覚に近い。 ふつうの人が過去のことを覚えているみたいに、大事なことは特にはっきり見える。 でも、過去のことを覚えていることができない。記憶は5分間だけだ。 ↑ このチカラのことはできるだけ黙っていたんだ…

巻き戻し

幼い我が子が叫んだ。 「巻き戻し!」 気に入らないことがあったときの決まり文句だ。 すると世界が巻き戻しを始めた。 キュルキュルキュルキュル・・・・ 私は当然子供に戻ったのだが、 我が子は大人になっていたのだ。 我が子は以前、大人だったのか? 私…

画期的な胃がんの治療法

画期的ながんの治療法が開発されました。 それはがん細胞に侵された臓器をタイムスリップさせるというものです。 例えば胃がんの場合、胃だけをがんになる1年前にタイムスリップさせれば、 健康な胃を取り戻すことができるのです。 註:レントゲンを撮って…

まばたきの間に

まばたきとは、目に見えている世界を一度リセットする行為です。しないに越したことはありませんが、まず我慢できる人はいませんので、したいときは我慢せずにしましょう。まばたきしている間に、世界は一旦終わって、もう一度ビッグバンからやりなおしてい…

最後の手紙

残念だ。こんな形でお前たちとの幸せな人生を終えるなんて。 いま必死に書いている。言葉にならない。 時間がない。愛している。心から。 激しく降下しているから、きたない字だ。読めるか? それにしても、脳裏に浮かぶのは幸せな思い出ばかりだ。 ここにす…

Multi-layered Timeline

我々の人生はセキュリティー上の理由から、すべて撮影・記録され、デジタルデータ化されている。 何を学び、どんな人間になったか、何を考え、何に悩み、どんな失敗をして、どんな挫折を繰り返したか。どこで道を誤り、取り返しがつかなくなったか。そしてい…

DAY1, DAY2

ぼくらは家族全員が俳優だ。パパもママもおばあちゃんも兄も兄の嫁も妹も。遺伝子は100%役者仕様でできているし、ずっと芝居のことだけを考えて育ってきたし毎日芝居のことしか考えていない。「明日は、今日を繰り返すからな」パパが夜寝る前に言った。O…

過去から来たロボット

彼は過去から来たロボットだ。何もできない。どんくさい。しかし、未来の人間はみんな彼のことを愛するようになった。あまりに優秀なロボットは廃棄しようという声が高まった。過去から来たロボットは、現代のロボットに壊された。その瞬間、現代のロボット…