読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

さあ、一歩を踏み出せ。

人間の可能性は無限だって本気でそう思ってるの。 どっちの方向に足を踏み出すかは360度しかないのに。 しかも右足か左足か。結局同じことだけど。 この大地には私たちのこれからが書いてあるけど、 一足飛びには読めなくて、歩きながら辿るしかなくて、 …

これほどの幸せがこの世にあるなんて

「ああ、ほんとうに幸せな人生ね。これほどの幸せがこの世にあるなんて」 「そうだね。いろいろ辛いこともあったけれど、やっと、ね」 「でも・・・」 「やっぱり、気がかりなんだね」 「うん。あの子の無邪気な笑顔を見ているとね」 「いつ話すべきか・・・…

もう一歩前にお進みください。

暗いトンネルの中で迷っているとき、一筋の光が見えた。 そのとき、こんなメッセージが。 「もう一歩前にお進みください」 僕は、この世に生まれ落ちた。 床に這いつくばっているときに、倒れたママの姿が見えた。 そのとき、こんなメッセージが。 「もう一…

人生後半戦はベンチスタート

さてさて、人生も前半戦終了。 ピンチもそれなりにしのいだが、チャンスもいまいち決めきれなかった。 後半に懸けよう。 と思っていたら、監督から、後半戦のスターティングメンバーが発表された。 おれ、入ってない? 名前が呼ばれなかった。 他の人格だけ…

あなたの人生乗り換え案内

それでは、始めましょう。 あなたが、あなたの人生において、現在いる場所はここです。 ちょっと駅からは遠いですね。しかもかなり入り組んだ場所にいる。 まずは駅までは徒歩しかありません。がんばって歩きましょうね。 ここで決めるのは最寄り駅から目的…

猟師の流儀

一歩、一歩、間合いを詰めていく。 瞬きの音さえも憚られる静寂。 息を殺す。 一発で仕留めなければならない。 急所を外すと泣き喚くからだ。 傷んだ獲物を仲間が助けに現れることはなく、ただ目を閉じて物陰に身を潜める。 自分のことでなければ構わない。 …

地球は何かの地図である

地球は、何か本当のものを歩くための立体的な地図でしかありません。 道に迷わないように、いま自分がどこにいるのかを確認するための地図です。 どこに向かっているかって? 決まっています。 誰ひとり迷子にならず、確実にそこに行けるのですから。

決めて

人生は、言うまでもなく、選択で成り立っています。 でも、わたし、優柔不断で、何も決められません。 怖いんです。後で後悔するのが(後でするから後悔だけど)。 だから、ネットのみなさんにこれまでずっと決めてもらってきました。 今日着る服とか、付き合…

過去問題集は役に立つのだろうか

僕はどうも死にかけることが多い。 そして今のところ生きていることからわかるように、何とか難を逃れている。 危うくなった時に、デジャブの感覚がよみがえるのだ。 もうだめかと思った瞬間に、次にどうなるか、見える。 それがなければ、とっくに死んでる…

一日限定

ある男が生まれてすぐに意識不明に陥り、 病院のベッドに寝かされたまま成長し、 時が過ぎ、 老人になり、 ある日、ふと目を開けた。 ずっと天井を見つめていた。 誰も気づかなかった。 翌日、死んだ。 そこで僕は考えるのだ。 彼は目を覚ますべきだったのか…

両親の祈り

両親は生まれたばかりの娘の幸せを祈った。 「辛い思いをすることなく一生過ごせますように」 娘は翌日死んだ。

ありがちな遅刻の言い訳

全部、虚構ということさ。お金も、法律も、宗教も、ネットも、全部がつくりもの。かたちのないもの。あるということにしているだけの約束事。みんなで生きているんだという幻想を支えるための道具。見えるものも、聞こえるものも全て、言葉さえも。 石を手に…

何を今さら

私は一生涯、骨を粉にして働き続けた。 懸命に生きたんだ。 目をつむった最後の瞬間に、神らしき声が聞こえた。 「遊びの時間は終わりだ」。 今さら、それはないだろ。

毎日届く封筒

僕に毎日、封筒が届く。 一日も欠かすことなく。 中には、鍵が一個だけ入っている。 いろんな色だし、いろんな形だ。 もちろん何の鍵だかわからない。 何も開けることができない。 何も開けることができないまま、 鍵だけがたまっていく。 そんな感じの毎日…

3日間

何事にも律儀な彼は今時珍しく一つの会社を定年まで勤め上げた。 最後は会長にまで登りつめ、巨万の富を築いたのにも関わらず、運転者付きのリムジンに乗ったりするのは全く趣味ではなかった。 彼の使っている乗り換えアプリは毎日の電車の遅れを計算する機…

砂場のルール

男の子が泣いている。体の大きい友達に一方的にやられたのだ。そこに、変な服を着たサングラス男が現れ、いじめた友達の頭を思いっきり殴りつけた。母親が悲鳴を上げ、まわりにいた大人が男を取り押さえた。「大人が子供のたわいもないケンカに口出ししない…

父のように

前々からうっすら気付いてはいたんです。年々、気味の悪いくらいに似てきていると。私の父に。私の父は50になる年に、胃がんで亡くなりました。随分と苦しみました。私は父のことを可哀想だと思うよりも少し前に、こう思いました。「あんなふうには死にた…

捏造で悪いか

俺の商売は遺言ビデオの捏造だ。在りし日の映像が残っていれば技術的にはそんなに難しい話じゃない。何を言わせるかは依頼人が決めてくれる。もちろん、だからこその依頼だけどな。映像を解析して、プログラムを組んで、シナリオ入れて、終わり。日付を証明…

レシピの通りに

あらそうですの? うちは子育ての苦労なんて全くございませんわよ。 協会から送られてきますレシピのとおりにするだけですから。 食事はどんなメニューにするか。 食事中の話のテーマは。 何をいつ、飲ませるのか。 今日のテレビは見せていいかどうか。 どの…

自分の人生が小説なら「あとがき」だけ読んで感想文を提出しちゃいたいのに

かみさま、このままあんまりおなじ毎日がつづくようでしたら、 いっそのこと、とばし読みたいかんじです。 あなたはわたしがどうなるか、さいごまでもう書いてしまっているんでしょう。 でしたら、だらだら書きちらすようなたいくつな日々は、 とちゅうでな…

幸福には利子がつかないが不幸にはつく

幸福を手に入れている人はなかなか手離さない。 これは不公平じゃないのかと、神様が幸福先物買いの投資商品を開発した。 少しの幸福を元手に、大きな幸福を手に入れるチャンスだ。 もちろんハイリスク・ハイリターンではあるが。 それ以来、幸福をめぐり、…

ペースメーカー

彼とは同期だった。 「同期は蹴落とすものだよ」 さすがに先輩や上司からはそんなふうには教わらなかったが、 みんな心の底ではそう思っている。 職場では敬語で話す。 彼を除いては。 失敗を押し付けられた日には卑劣な上司を罵り合った。 難しい商談をまと…

初めての台本

今日、息子に初めての台本が来た。 これまで息子は自由に話せた。 これからはそうもいかないが、 ちゃんと人間として認められた証だ。 親としては嬉しい。 しかし私のほうには最後の台本が来てしまった。 息子にどう言えばいいのか悩むところだが、 台本にち…

お笑い芸人が総理大臣になった場合を考えてみる

お笑いではあまりパッとしなかったお笑い芸人が日本の総理大臣になった。 日本の景気は回復する一方の幸福な時期に当り、 世間の大多数がかなりみんな幸せになった。 そうすると皮肉なもので、人々は悲しい物語ばかりを求めるようになった。 誰よりも笑いを…

消えちゃった

ずーっと頑張って書いてきたものが、 ふと消えてしまうわけです。 なぜだかわかりませんが、 消しちゃいけないと思えば思うほど、 保存しませんというのを押してしまうわけです。 わざわざ。 よりによって。 ほとんど終わりかけだというのに。 人生において…