読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

今年は全然ダメだったけど来年こそは煩悩知らずの一年を過ごせるように神仏に祈りたい・・・わけないし

人間の罪の多くは煩悩から生まれる。 煩悩は肉体から生まれる。 肉体は五感に基づく。 肉体を喜ばせる感覚を満たす衝動が煩悩である。 愛の多くは煩悩から生まれる。 全てではないのがせめてもの救いだとしても、 それは綺麗事に過ぎない。 人間たちよ、それ…

日本製品が高性能なのに売れ残ってしまう理由

私は量販電機店の店頭で、ただ街ゆく人々の楽しげな姿を眺めています。 街はクリスマス一色。釣り合うカップルがいない理由をさっきから考えています。楽しいからじゃない、他に何もすることがないからです。 私はこんなに高性能なのになぜ売れ残ってしまう…

ホーキング博士も心配する未来のAIが展開する光景(案)

10代が言語を話すスピードが異常に早くなっており、他世代とのコミュニケーションに障害が出るケースが報告されております。ここ教育現場では教師が生徒の話すスピードについていけず馬鹿にされ放題、しかも馬鹿にされていることさえ認識できないという状…

父として、子として

私は、幼い頃から精密に設計され、整備されてきた。 機械として。 しかし、私の心は人間なのだ。 金属のボディーに身を包んでも、人間には不可能な動作が可能であっても、 やはり私の心は人間であることを望んでいる。 機械ならではの合理的な思考回路も、目…

小市民を憐れむ弁護士

全ての事象はそれ以前に起こった事象によって引き起こされるものだとするのであれば我々は全て未来に起きる犯罪や戦争や恐慌やその他もろもろの良くない出来事を引き起こしている重罪人ということになってしまい訴訟ともなれば人生を破滅させるに足るインパ…

感情コレクション

彼女は人間ではなかった。 どちらかというと機械だった。 しかし、その区別にはほとんど意味がなかった。 彼女は究極に発達した生命科学の成果だからだ。 しかし彼女には感情がなかった。 生命維持にそんなものが必要な理由は、 いまだ解明されていなかった…

コピーロボット

「そうか、お前が私のことを看取ってくれるのか」 最新の無機質な医療機器の数々に接続された男が、傍らに佇む看護人に話しかけた。 「あなたのご家族は皆、お亡くなりになっていますので」 「そうだ。私はあまりに長く生き過ぎた」 「そんなことはありませ…

ロボットの顔

「私はロボットというより、アンドロイドですからね。ロボットはただの機械。私は人間と比べても遜色ないレベル、いえむしろ性能としては凌駕してしまっているのです」「ではなぜ、まったく表情がないんだ?」「それは私たちがモデルとしている人間が、わた…