Wakeupalicedear!

最近はほとんどドラマの感想なんだけど、ほんとは短い小説を書くためなんだけど。

ミステリー

【彼女は罪を犯した】は、三人称単数である。

問題:殺害された若い女性の遺体が発見された。 一人称単数:【私がやった】複数の犯人が出頭し、それぞれに全く同じ自白をする。 一人称複数:【私たちが犯人だ】私たち全員が犯人だと主張するが、被害者の傷はひとつしかない。 二人称単数:【お前はなぜ?…

自分自身と瓜二つの死体

「私は自分自身を殺しました。逮捕してください」 彼は警察署に突然現れ、そう告げた。 「自分を殺したなら、あなたはいまここにいないでしょう。我々もそんなにひまじゃないんだ。ちゃんと自分を殺せてから出直してくれ」 たまたま応対した刑事はウィットを…

高い塀に囲まれた穢れなき世界へ

私は犯罪を憎みます。 家族を一瞬で奪われたからです。 この世界はありとあらゆる犯罪に満ちています。 どんな事情や理由があっても、故意であってもなくても、犯罪は許されません。 償えばいいというものでもありません。 犯罪がいまこの瞬間にも起きている…

このシチューの旨さもわからない下等動物のくせに

「あなた、あったかいシチュー、作ってるからね」 もういい加減、夫を殺そうと思った。 いまあったかいシチューに毒を入れているところだ。 こんなにおいしいものを食べながら死ねるのだから、 夫にはもったいないくらいだ。 「あったかいシチュー、たっぷり…

それじゃあ狂言誘拐になっちゃうよ

身代金を出さなければ、あいつにろくな未来はないよ。 たかが2億なんて、あんたにとっては何でもないはずだから。 幸か不幸か、あんたの懐具合は、よぉく知ってるのでね。 声など変えやがって、ふざけるな! お前のような卑劣な誘拐犯に出す金など一銭もな…

俺だけにわかるしるしがついた一万円

なけなしの一万円。 お袋の薬代にしようか、食費にあてようか考えた挙句、 あまりに腹が減ったので、食費にあてた。 お袋は一週間後、体調を崩して急に死んだ。 その一万円のことは一生忘れないようにと、 端っこに赤のペンでしるしをつけておいた。 俺にし…

【留守中の他人のマンションで勝手に自殺バージョン】

男は床に倒れ、仰向けに天井を見つめたまま、その瞳はもう動かなかった。 部屋は内側からチェーンが掛けられていたという。犯人が部屋の中にいなかったのなら、犯行は【死体】が発見された後に行われたことになる。 いずれにしても事件の前後に部屋にいたの…

【愛する女に殺された刑事が自分で密室を作ったバージョン】

「なぜ?」 刑事は小さな声で言った。 「ずっと愛していたんです」 しかし、もはや過去も未来も奪い去られてしまったのだ。 男は床に倒れ、仰向けに天井を見つめたまま、その瞳はもう動かなかった。 凶器のナイフは死体のそばで見つかった。 部屋は内側から…

【死体が犯人バージョン】

男は床に倒れ、仰向けに天井を見つめたまま、その瞳はもう動かなかった。 凶器のナイフは死体のそばで見つかった。 刑事は小さな声で言った。 「ずっと愛していたんです」 部屋は内側からチェーンが掛けられていたという。犯人が部屋の中にいなかったのなら…

【刑事が犯人バージョン】

男は床の上で仰向けに天井を見つめたまま、その瞳はもう動かなかった。 凶器のナイフは死体のそばで見つかった。 男の死体を見下ろしながら、男と同居していた彼女は言った。 「誰も殺さなかった。あなたが自分で・・・」 部屋は内側からチェーンが掛けられ…

【私が犯人バージョン】

男は床の上で仰向けに天井を見つめたまま、その瞳はもう動かなかった。 凶器のナイフは死体のそばで見つかった。 部屋は内側からチェーンが掛けられていた。犯人が部屋の中にいなかったのなら、犯行は【死体】が発見された後に行われたことになる。 いずれに…

ここにいる全員の遺伝子は100%同じであるからして無罪である

美少女が無残な姿で発見された。残された体液のDNAから一人の容疑者が浮かび上がった。俺の兄弟だ。不起訴になったとはいえ、かつて強制わいせつの疑いで逮捕されたくせに、あいつは俺の犯行だと無実を訴えた。まあよくも。確かに俺にはアリバイもないうえに…

だって僕はシナリオライターだから。

「彼、長考に入ったわよ」 そう、その通り。僕は長考に入った。すごく深く考えている。将棋の羽生名人みたいに。 次に何を口にすべきかを。 ぼくは先の先を読んでいる。 ぼくの人生で一日だけでも、ぼくの予想したとおりの会話になるように。 リアルに他人が…

【そっちは行き止まり】

【そっちは行き止まり】という表示がいつも出る。 彼女と話していると、会話の途中で、出る。 なるほど、このネタはあまり好きじゃないのか、話したくないのか、気分が乗らないのか、わからないけど、そのうち行き詰まる。 ということがわかる。 彼女と初め…

完全犯罪、成立です

ある日、女を殺した。 未来永劫解明され得ない完全犯罪の成立だ。 なぜなら、これで人類の半数が死に絶えたからだ。

誤変換

「どうもこのパソコン、誤変換が多いよな・・・」 彼は、どうやら気づいていないようだ。誤変換した言葉をつなげると、恐ろしいメッセージが語られていることに。グーグルはそれを収集しているのだということに。

最短のミステリー小説

えっ!

逮捕できるなら、してみせろ

「青酸カリです」 「執筆中にか・・・」 「それがですね・・・最後に書いていたのがミステリー小説なんですが・・・」 「何がおかしいんだ?ミステリー作家なんだろ」 「犯人がどうやって作家を自殺に追い込んでいったかを犯人が告白しているんです」 「そう…

O, let the false dream fly

若い女の飛び降り自体、珍しくともなんともないが、 口の中にダイイングメッセージが残されていたんだ。 犯人のメモ書きが入ってたりとか、 そういう猟奇的な連続殺人鬼の話じゃない。 おそらく自分の意思で、歯に書き込んだんだ。 ネイルアートのように、歯…

完全犯罪劇場ーあなたも名探偵

「あなたは、この完全犯罪を解き明かせますか?」そう呼びかけられたら黙ってはいられない、と普通の視聴者は考える。そして番組から小出しにされる新情報に振り回されながら、独自の推理を突き詰めていく。しかし一方で逆の立場からこの挑戦的な問いかけに…

パスワード

単身赴任していた夫が亡くなった。過労がそもそもの原因だろうけど、因果関係など証明のしようもない。警察の人は、事件性はないようです、と言った。律儀に整理整頓された小さな部屋には少し大きすぎるようにも思えるパイン材のテーブルにはPCが置いてあ…

206番のお客様は誰だ?

日本の銀行というものは、営業時間が終わると、シャッターを閉める。しかし、俺は番号札を持っている。だからまだ、中にいる。ミシミシと嫌な音をたてながら、ドンドンッと閉まった。外界から完全に隔離された状態だ。まるで銀行強盗に入られたようだな。こ…

暗殺者は誰だ

ある国の大統領が考えた。もう疲れた。この仕事は忙しすぎる。殺人的なスケジュールだ。いっそのこと殺されたい。そこで、いいアイデアが浮かんだ。暗殺すればいいんだ、自分を。普通の人は暗殺されない。だから保険金も下りない。自分は幸い、誰に恨まれて…

シンデレラな死体

殺人事件の通報があり、刑事たちが駆けつけた。 現場検証中に夜中の12時になり、 気がつくと死体が消えていた。 あとに残ったのは死体を囲む白い線だけ。 死体はどこだ? 国中をしらみつぶしに探し、ようやく見つけた。 白い線に合わせて寝てもらうと、 寸分…

入れ替わる

なぜ人を殺してはいけないのか。 人を殺せば、その瞬間、相手と自分が入れ替わるからだ。 つまり、元のお前は誰かを殺した瞬間に死に、 お前がお前だと思っているのは、 実は殺したと思った相手なのだ。 人を殺すとき、そして殺したあと、頭の軸が揺らぐよう…

笑わない奴

彼は人気絶頂の漫才師だった。 笑わない奴は誰もいないからな、困っちゃうよ。 そんなふうに豪語していたのに、 一人だけどうしても笑わない奴がいて、 気に食わないから、殺した。 相方だった。

復讐

男が夜、自宅に帰ると、最愛の妻と娘が殺されていた。 死ぬほど嘆き悲しんだ男は叫んだ。 「犯人に復讐できるなら、私は死んでもいい」 ひそかに現場に戻り、男の様子を物陰から眺めていた犯人は、 男を背後から刺した。 意識が遠のいていく男に向かって犯人…

忘れ去られた完全犯罪

今日、完全犯罪を成し遂げた。発見されるとまずいからその方法は書き残すわけにはいかない。しかし、いつまで覚えていられるか。(一週間後) 忘れた。思い出そうとしても思い出せない。 (一週間後) 再び、完全犯罪に挑戦。達成した。完全犯罪なので捕まる…

一度限りの手

見事な茶碗よのう。 見た目には山のようにしっかりしておるが、 持ってみると、思いのほか手に馴染む。 これがおぬしの最後の茶碗とは、誠に残念じゃ。 作りたいと願うても、もはや作ること、叶いませぬ。 その茶碗にすべて作り込めてしまいましたがゆえに。…

あいつのプレー

あいつのプレーは本当に予測不能だよ。 新聞に書いてあったが、司令塔のポジションなのに、味方にも何を考えているか全くわからないらしい。 考え方にパターンというものが一切ないらしいんだ。 それで、なるほどな、と思ったよ。 たとえば、ヒッチコックの…